運転保安装置(ATS)とは page1
概略

ATSはAutomatic Train Stopの略であり、信号を無視した運転を止めるための装置です。(信号無視を信号冒進といいます)
つまり、信号が赤表示(赤は停止といい、表示することを現示といいます)している際に信号より先にいってしまった(進行した)場合に、ブレーキを強制的にかけて自動的に列車を止めるための装置です。
ただし、過去の事故を受け、設定した速度を超えて走行した場合にブレーキをかけて列車を止める機能を持つように高度化されたものが多く用いれています。

ATSは点制御式と連続制御式に分けられます。
点制御式は線路上に装置をもうけ、そこで信号を発して制御する方法です。点制御式にはハンマーで列車のブレーキ管をたたいて止める『打子式』(名古屋市交 で最近まで使われていましたが全部なくなりました)、一定周波の信号を発信して制御する『発信周波数変換形』(国鉄ATS系、他に小田急、江ノ電、東武な ど)、線路を用いて信号を送る『軌道回路式』(国鉄ATS-B)があります。
連続制御式は線路を使用して連続的に制御する方法で、商用周波数を用いる『商用周波形』(1号形ATS)と、AF波を使用する 『AF形』(西武など)があります。

ここでは、国鉄ATS系について説明します。他の方式については図書館などで調べましょう(単に私の勉強不足ですが)。

参考図書:電気鉄道概論改訂増補版(成山書店/安藤信三著)
電気鉄道概論
4425925025安藤 信三

成山堂書店 2003-12
売り上げランキング : 91,237


Amazonで詳しく見る by G-Tools

ATS-S

ATS-Sは信号が停止現示の際、手前に設置されたロング地上子上を通過すると、車上の装置が動作して警報を鳴動させます。警報が鳴動してから5 秒以内にブレーキを操作し確認ボタンを押さないと自動的に非常ブレーキが動作するものです。その後は運転士にすべてが委ねられます。
ロング地上子
ロング地上子(JR横須賀線鎌倉駅引き込み線のもの)

Long2
比較的新しいロング地上子(JR山手線原宿駅貨物北行本線のもの)

ATS-S形はブレーキ扱いをして確認扱いしてしまえば、その後は冒進が出来てしまうという欠点がありました。
なお、現在はJR西日本の一部に残っているのみ(具体的な場所は寡聞にして知りません)で他はすべてあとに述べる改良ATSに置き換えられています。

もどる