初めに

 DOSと言うとバカになさる方もいらっしゃるかと存じます。そうです ね。DOSと言うとすでに過去の遺物、DOSの前のCP/Mと同じようになりつつあります(分からなくても気にしないように)。Windows95により ますますその立場を失いつつあります。現在Windows95にはDOSプロンプトという物がありDOSを再現できます。これは過去のPC98のPC88 エミュレーションモードと同じような物でしょう。とはいえ、CP/MとDOSは似たような物でDOSで基本、内部構造を理解できます。そんなに発展したわ けではなかったのです(最初は)。今回の移行、つまりDOSとWindows95の違いは明らかです。COMMAND LINEと言う方式(?)からGUI(Grphical User Interface)に変わりました。個人的には嫌いなのですが、慣れない人にとっては使いやすさが全然違います。これにより基本や内部構造も隠れてしま いました。故に此処ではDOSを使用するわけです。

言葉の注意
 ディスクといった場合、MS-DOSの扱えるあらゆるメディアを指します。フロッピーディスクの場合はFDとかフロッピーと称しますので注意してくださ い。また、98などではRETRUNと言うキーがありますがこれのことを本書ではENTERとしています。98などを使用する場合は読みかえてください。 これは、筆者がIBM系統のコンピューターを使用しているためです。(J3100EVS001WNを使用して記述してます)。なお、本文中のプロントが C:\>になっていることが多々あるのもこのためで、実際に打ち込むときはA:\>などに読みかえるなどをしてください。

もどる