§2.テンプレート

  コマンドの入力をいちいち丁寧にやるのは、ある意味で素晴らしいとか律儀とかいえるけれども、それでは非常に効率が悪いでしょう。楽にいれる方法はないの でしょうか。といえば、あります。テンプレートです。目的はUNIXのヒストリーに近いですけど、全然別の代物だったりします。前のコマンドを主記憶装置 (メモリ)の内部にたくわえて、次の命令を入力する際に利用します。これを知っておくと知らないでは効率が全然違います。もっとも、応用できるかできない かでも違ってきますので、日々意識しておいてください。一時的に効率が落ちますが、その後飛躍的に上がります。さらに、効果的な物として DOSKEY.COMというものもありますが、これはDOS5.0以降の代物なので、ここでの説明は省きます。一応、DOS3レベルを想定してますので。 テンプレートの具体的説明ですが、一文字を完全な独立した物と考える必要があります。と言うのは、空白すら文字として考えなければならないということで す。例えば“DIR△*.COM”(△は空白)をコマンドとして実行させたとします。すると9文字分のメモリがテンプレート用として確保され、その中に “DIR△*.COM”が保存されます。これを、ファンクションキー(キーボード上部のF1〜F10及びF11,F12(IBM)かVF01〜VF05 (98))のF1〜F5、F7を使用して操作するのです。何がメモリに入っているかは基本的に見ることができませんから、ある程度動作そのものを理解して おくことが必要でしょう。

操作方法(編集キーの使い方)
出所:Book Computer J-3100GS001 DynaBook286 DynaBookガイド
機  能
キ ー
テンプレートから1文字コピーする
F1,→
テンプレートから指定文字(X)までの文字列をコピーする
F2 X*1
テンプレートから残りの文字列をコピーする
F3
テンプレートから指定文字(X)の前までの文字を削除する
F4 X*1
コマンド行の文字列をテンプレートにコピーする
F5
NULLコードを出力
F6
テンプレートの1文字を消去する
F7
コマンド行の最後の文字を消去する
Del
挿入モードに設定する、もう一度押すと解除される
←*2,CTRL+H,←
コマンド行の入力を取り消す
Ins
改行する、しかしコマンドプロセッサにはコマンドを送らない
CTRL+J,CTRL+Enter
コマンド行から1語削除する
CTRL+W
 *1)Xは任意の文字キー
 *2)←は他機種のBSと同等

以上を理解(暗記は駄目)した上でいじって下さい。理解についてはこの時点では難しいので、実習を参考にしてください。そのときに、上の表は非常に役に立 つと思います。

実習2
 テンプレートの使用例(コントロール・キーも学ぶ)
 演習ではテンプレートの操作しか教えていませんが、時間がないのでコントロール・キーの操作方法も学んでいただきます。結構、無理がありますが、やり遂 げなくてはならないので・・・。できなくてもやる!!(無理かなぁ)

  コントロール・キー一覧
出所:J3100日英MS-DOS V5.0説明書 CTRL+C プログラムの実行の中断
CTRL+S
画面一時停止、なにかのキーを押すと再開
CTRL+N
画面と同時にプリンタに出力。もう一度押すと通常に戻る。
CTRL+P
CTRL+Nと同様

テンプレート操作のキーと同等の物は省略

以上を納得した上で(それまでは自由に実習)以下のコマンドを入力して欲してください。
A>DIR
実行中にCTRL+C
A>DIR
実行中にCTRL+S、確認後任意のキーを押す。
A>DIRA (これは実行しません)
入力後CTRL+U

 以上の動作をよくよく確認して欲してください。
 実際はコントロール・キーはMSX-DOS用語でMS-DOSではコントロール・キャラクタと呼びます。

おまけ2
 テンプレートは一つのコマンドしか記憶することができません。これに対し、はるかに効率の高い・・・つまり複数覚えることのできるものがあります。 DOS5.0以降のDOSKEY.COMがそれに当たります。これはまったく別の代物ですが、便利すぎる代物でもあります。今回は説明を省きますが、機会 があったら説明したいものです。

もどる