資料5 DOSのメジャー・バージョンで追うDOSの発展

CP/M    8080CPUをベースに作られたOSでDOSのたたき台になった
      SYSTEMCALLもDOSの下級部分と一切同じである

CP/M86   DOSの過去のライバル、8086をベースにしたCP/M      SYSTEMCALLはほとんど同じで、違うのはDISKの      FORMAT形式だけであるといえるかもしれない
MS-DOS1   CP/Mをたたき台にUNIXライクな操作性を持った       OSとして誕生
MS-DOS2  ディレクトリ構造や多くの命令を追加       この頃はサポートしない操作においては開発しろと言う風潮があった
MS-DOS3  バッチ処理を強化       基本的な命令も出そろう       ネットワークを初めてサポート       ある程度ハードディスクを意識している
MS-DOS4  ハードディスク関係をさらに強化したプロトタイプ       DOSSHELLを付属
MS-DOS5  RAM関係を強化、操作性もかなり改善された       ディスクベースとしては最後のDOS
MS-DOS6  ユーティリティーを増加       操作性向上       それ以外はこれと言った改善点はない
MS-DOS7? 出ないと言う噂も多いが、出るのであれば      メモリ環境の更なる改善が予測できる
以上が簡単にまとめた例である。亜流としてMSX-DOSがあるが、此処では省略する。結局、最低限必要なOSはMS-DOS5と言うことになる。が、安 定した管理を望むのであれば、MS-DOS6が必要となる。DOS5で使用する場合は、それなりにシステムに精通していないといけない(はずだ)が、MS -DOS6の場合は全てやってくれるので便利である。

もどる