2004年秋の気まぐれ
気まぐれ、気の迷い、やることはきちんと考えてから…何とでも言われま しょう。やっちまいました。
「沼津→前橋…グリーン車乗りとおし」
もう、まわりから阿呆といわれながら…。

時に2004年10月30日。旧暦9月17日。二十四節季にて霜降り。先 勝。月齢16.01…。つまり、何の変哲も無い10月の週末。昼下がりのころ。幹線とローカル線のある町のとある駅のみどりの窓口(この町にある駅には全てみどりの窓口があります)に「沼津」までを求める阿呆があられました。ええ、阿呆とは私です。
そして、そのマルス券を握り締め沼津に向かったわけであります。(本当に握り締めると自動改札を通らなくなるのでやめましょう)

国府津で御殿場線にスイッチしました。意味はありません。
本当は山北で降りていろいろと取材をしたかったのですが、交通渋滞の影響で出遅れNGと…。
(例によって例の如く茅ケ崎から書きます)
茅ケ崎1538→国府津1559・1611→沼津1728
国府津駅で面白いものを見ました。


沼津
115系にカタコトと揺られて沼津に到着。南口を出てすぐ右に曲がり自動券売機で入場券を求めてから、みどりの窓口へ。
いろいろあって、出来るならJR東海ツアーズにしたかったのですが、すでにしまっていたので、みどりのほうへ行きました。
「在来線で前橋まで乗車券とグリーン券を」
乗車券はすぐに出てきましたが、グリーン券が発券できない模様。(そりゃ、あんた新幹線経由で発券できるわけ無いじゃん)
駅員が時刻表とにらめっこして、10分ぐらい。出てきました。
乗車券が沼津→前橋で経由が「東海・三島・新幹線・東京・東北・大宮・新幹線・高崎・上越」。プリセットから適当に選んだなぁ…という感じ。まぁ、いいか (苦笑。
期待してたのは、「東海道・東北・高崎・上越・両毛」だったんだけど…。

その後、駅ビル二階の行きつけの蕎麦屋でうどんを食って、一回のキオスクで「からし豆」とお茶を所望してから改札を通りました。

サロ110−1270

これが私が乗った先ず最初のグリーン車です。K60編成ということになります。
沼津から国府津まで乗りました。
沼津1810→国府津1909

発車直前の風景です。


先頭をパチリと。(デジカメだから…ッチャ…が正解だけど。)

三島から乗ってきたオヤジ様軍団が「駅でグリーン券が売ってないじゃないか。車掌に文句を言ってやると息巻いていました。
そりゃあんた、窓口のみだよ…。
熱海駅でホームの券売機にダッシュ。行きより安いなどとおほざき遊ばされていました。600円ほどの得をなさったようです(3人)。不正乗車ですな。その 後、ポチポチと客を拾いながら夜の東海道を失踪していきました。

二度目の国府津
ついてすぐ「2番先から御殿場線山北行きが発車いたします。」との放送が。あれ?とおもっていると、113系の付属編成が山北の幕をつけて走っていきまし た。少し遅れていたようですね。東京発山北行きです。
いったん改札まで上がってトイレに行き、一応規則どおり改札を出ずにホームへ。

しばらくすると、「まもなく、4番線に当駅どまりの電車が参ります。この電 車は、折り返し当駅始発の高崎線直通快速前橋行きとなります。」の放送が入り静々とE231系がやってまいりました。すぐに乗っても整備員の邪魔だろうと 思ってホームでうろうろと撮影をしておりました。

快速湘南新宿ライン高崎・両毛線直通…


新宿経由快速前橋


沼津と大体同じショットで。

この後、お茶を一つ自販機で所望し乗り込みました。

サロE231−1058

次に乗ったグリーン車がこれです。K17編成ということになります。今年の9月に出来たばかりの列車です。
しばらくして列車は国府津を発車しグリーンアテンダント嬢が改札。どんな顔をするかなと思ったのですが、素で流されました。NREの社員教育恐るべし。
Ninomiyaという表示に違和感を感じつつ、順調に東海道線をこなして行きます。ダイヤ的にも快調な走りを見せ戸塚から横須賀線へスイッチ。横浜まで は平屋部分を独り占めしていましたが、横浜から5人ほど乗車。どうせ都内で降りるだろうと思ったら、新前橋までとか言い出す始末。げんなりしつつ都内へ 入っていきました。
車窓
真っ暗でわかりませんでした。ハイ。

前橋
雨が降りしきる中、ほぼ定刻に前橋に到着。

終着駅前橋…


そして、駅の改札で女性駅員に無効印を押してもらい自販機で入場券を購入。そして、雨の中、タクシーでホテルへ消えていきました。


ホテルでの火遊び

あがるあがる、煙が上がる。名前もさることながら、見た目のインパクトも大事。これ大事。
最高です。

ただ、あまり…味のほうは……。

もどる